住宅政策の静かな革命

「住宅政策の静かな革命-1996年の公営住宅法大改正の政策過程分析」という論文を、日本政治学会『年報政治学2024-I 政策と政治』に寄稿しました。この論文は、2018年に『社会のなかのコモンズ』という書籍に寄稿した「コモンズとしての住宅は可能だったかー1970年代初頭の公的賃貸住宅をめぐる議論の検証」という論文の続編のような位置づけで、1970年代に国会で政治的に議論されつつも結局導入されることがなかった家賃補助が、1996年の公営住宅法大改正の中で形を変えて部分的に実現していく過程を検証したものです。1996年というと、いわゆる政界再編の中の連立政権期に当たるわけで、この時期に介護保険のような普遍主義的な性格をある程度持った政策が実現されていることから、政治のイニシアティブが大きかったことも予想されます。しかし本稿の検証からは、政治家の方はこの問題にほとんど関心を示しておらず、それに対して官僚(特に建設省住宅局)のアイディアが変化していくことで、法改正が行われたという議論をしています。この法改正では、当初期待されていたような大きな変化は生まれずに、どちらかというと公営住宅は縮小していく傾向が強まるのですが、その背景を合わせて議論しようとしたものになっています。

2018年の論文は、主に国会会議録と審議会の答申を資料として分析していたのですが、今回はそれらに加えて住宅関係のオーラル・ヒストリーや関係者の回顧録・追悼録、住宅や不動産関係の業界紙における講演録や座談会記録などを使いながら執筆しています*1。国会会議録の方で当初期待していたようなやり取りがなかった分、資料の厚みは前回よりも増えたのではないかと…。国会図書館で個人配信サービスをしてくれるようになったからこそ書くことができた論文だと思います。もちろん住宅局の官僚の人々が書いてきた寄稿を広範に見ることができたというのは良かったわけですが、それだけではなく、本来であれば前の論文のときに触れておきたかった谷重雄氏(元東京都立大学教授)の論文などをまとめて読むことができたのは良い機会になりました。居住水準を示したうえで、それに見合った市場家賃と家賃支出能力の差を埋める家賃補助を構想する谷氏の議論はおそらくこの改革の中核的な部分になっているはずで、当時も(たぶん今も)いろいろ批判が来る部分もあるのでしょうが、住宅政策についての注目が少しずつ戻り始めている現在改めて検討される内容が含まれているように思います。

家賃補助については、この2本の論文のほかに、東日本大震災後のみなし仮設、オンライン・サーベイを用いた家賃補助への賛否についての論文を書いていて、少し論文が溜まってきたような気もしています。少なくとももう一つ、生活困窮者自立支援制度関係で何か書いてみたいと思っているのですが、それができたらもうちょっとつけ足して、また本にしたりすることができるのだろうか…と考えたりもします。まあそんな気力が続くのかわかりませんが…。

*1:あまり使うことはなかったのですが、宮沢・細川・村山・野中・森…といった広く知られている記録のほかにも、趣味でブックオフで買ってた政界再編期の政治家の回顧録野坂浩賢五十嵐広三渡辺嘉蔵田中秀征・及川一夫など)をとうとう読む機会が来たのは個人的に面白い経験でした。

いただいた本(教科書など)

年明けから降ってくる仕事を延々とこなしていたら、頂いた本の紹介をする時間もなかなか取れないうちに5月も終わりになってしまいました。もうすぐ一年半分終わるってうそでしょ…。というわけでもうずいぶん前になるのですが、津田塾大学の西川賢先生から『社会科学研究者のためのデジタル研究ツール活用術』をいただいております。ありがとうございました。オビに「研究以外のことで忙しすぎる研究者へ。」と書いてあって、これはなかなか共感されそうなコピーだと…何というか、まあバタバタとしているので、体系的に研究に役立つようなツールを理解することを難しく感じることがあります。そこで西川先生のように、新しいツールに詳しく、ガジェットも良くご存じの人がどういうツールを使ってマネジメントをしているか、ということをまとめて広く共有していただけると本当に助かります…。僕などは、GrammerlyとDeepLを使うくらいで、ChatGPTもあまり使いこなすこともできておらず、どんなものなのかと外から撫でてるだけなんですが、どういうことになってるかの全貌(の一端)を見せていただけるだけでもありがたい限りです。

BNPパリバの河野龍太郎さんから『グローバルインフレーションの深層』をいただきました。前著の『成長の臨界』から続けて本を出されるというのはすごいです。今回の著作では、前著では扱われなかった、「円」について取り扱うという、まさにエコノミストの面目躍如というところです。冒頭で出てくる、均衡実質為替レート(ドル円)のジャンプ、というのは非常に印象的で、コロナを挟んで急激な実質円安が進んだという構造変化が示されています。確定的なことはわからないわけですが、その原因としてはウクライナ戦争勃発後に日本の地政学上の脆弱性が改めて認識されたことに加えて、家計のホームバイアスが緩んでいるのではないか、ということが指摘されています。特に後者については重要な論点で、「私たちの国がなお、先進国であるのなら、胸を張って「国際分散投資」が進展していると言えるであろう。しかし、もし新興国への転落が意識され始めているのなら、それはキャピタルフライトである。」(38頁)というのは厳しい警句のように思いました。過去30年の物価安定から、世界的にインフレが起きている状況への転換と、その構造をどう考えるかということで歴史をさかのぼっていく2章以降も興味深い議論だと思います。

編者の岡山裕先生から、『アメリカの政治 第2版』をいただきました。ありがとうございます。こちらは初版から第3章(選挙と政策決定過程)が新しくなったということです。政治の構造についての説明が行われた後、アメリカ政治のイシューとして、文化的争点から安全保障まで、10の争点が扱われています。アメリカ政治の分極化が進む中で、今年は選挙イヤーということで、様々な論点をめぐってかなり激しい対立が生まれることが考えられるわけですが、その背景を勉強するのに役立つ教科書のように思います。

白鳥潤一郎先生から『新興アジアの政治と経済』をいただきました。ありがとうございます。こちら放送大学のテキストですが、フィリピン政治専門の高木先生と中国経済専門の伊藤先生がかなりの部分共著で書かれていて、国ごとではなくイシューごとに「新興アジア」をとらえるという野心的な構成になっています。たとえば移民の8章では送り出し国のフィリピンと受け入れ国のシンガポール・台湾の社会とその変化に触れながら、アジアの中の移民が論じられる、という構成はあまり見たことがないような。ざっと読んだだけなんですが(すみません)、他の章も新しい切り口で「新興アジア」に迫ると感じられるものでした。やっぱ放送大学で野心的なものをやってみるっていうのは面白いなあ、と思います(余り野心的でもないものを書いている身としては自戒を込めて…)。

この半年くらいでめちゃ色々本をいただいていて、しかし年明けからえらくバタバタとし続けてきた結果、なかなかご紹介もできないままに来てしまったのですが、またボチボチご紹介できれば…。

政治はなぜ失敗するのか

宣伝ですが、監訳者として翻訳に関わったベン・アンセルさんの『政治はなぜ失敗するのか』(Ben Ansell, Why Politics Fails: The Five Traps of the Modern World & How to Escape Them, Penguin Books)が刊行されました。著者は比較政治・福祉国家研究のスターともいうべき人で、最近は住宅と政治に関する研究の新たなフロンティアを開拓している研究者だと思います。私自身、彼の著作や論文を読む機会も多く、これまでその研究から多くを学んできました。今回、初の一般向け著書ということで、楽しみにしつつもなかなか読む時間が取れないなあと思っていたところ、訳に当たられた飛鳥新社の工藤博海さんからお声がけをいただき、翻訳に参加することになりました。あとがきにも書いてますが、翻訳に携わる機会はないだろうと思っていた中で、関わるとしたらこの本くらいか、という本についてお声がけくださった工藤さんに感謝しています。

本書は、政治にかかわる5つのコンセプト、民主主義・平等・連帯・安全・繁栄と、それに関する「罠」、そしてその罠からいかに抜け出すことができるかを考える、というかたちで議論が展開されていきます。全体として、集合行為問題をどう扱うかを考えることになるわけですが、特に初めの2つについては、著者自身の貢献も含めてこれまでの政治学の蓄積をベースに説明しつつ、連帯・安全・繁栄と将来の話や国際関係のところは近年の研究動向を紹介しながら、より大胆な議論が展開されていると思います。個人的には、特に第3部の連帯のところが、その結節点のような感じで面白いと感じました。

注釈もあって、どういう研究に沿っているかはわかりやすく、知らないものなどは元の研究を確認しながら進めてましたが、素人翻訳者としては、たぶんネイティブスピーカー向けに「わかりやすく」説明しようとしているところが難しかったです…。メタファーがわからん、というのが一番多いわけですが、ざっくり書いているところの文脈がそれでいいのか、という確認にもちょっと苦労しました。「監訳者」というのが通常どの程度訳に関わるのかよくわかってないのですが、結果として、昨年の後半はかなりこの訳出に時間を当てることになりました。PDFで見ながら訳出しているときは、まあきれいに表現できたかなあと思っていたものも、紙の上で読むと印象が違って、ああもっと思い切って意訳した方が良かったかも…というところも少なくありませんが…。

オビなどの紹介文で、超有名人たちと並んで紹介書いているのはご愛嬌、ということで勘弁していただきたいところですが、さまざまな人が賞賛しているように、とても示唆深い、読む価値のある本だと思います。よろしければ連休のおともに。

「戦後日本」とは何だったのか

宣伝ですが、『「戦後日本」とは何だったのか-時期・境界・物語の政治経済史』に「戦後日本政治における職業的な利益と地域の利益」という章を寄稿しました(配本はもう少し先みたいですが)。本書は、科研の基盤研究A「戦後体制(レジーム)とは何であったか――「戦後日本」政治経済史の検証」の成果の一つということになります。政治学に限らず多くの研究者が参加した大部な本になっていまして、ちょっと値段も高いのですが、それぞれ読みどころのある本ではないかと思います。冒頭で「戦後」とは何かについて考えるところから始まって(第I部)、戦争の延長としての戦後(第II部)、外交・貿易・安保における戦後(第III部)、統治制度の原理や運用から見た戦後(第IV部)、社会・家族・環境から見た戦後(第V部)と続きます。本当にいろんな読み方ができると思うのですが、個人的には、第II部の議論、中でも前田健太郎さんの占領軍から見た「発展途上国のための行政学」という文脈での日本の官僚制の議論と、第IV部での孫斉庸さんの戦後唯一「大選挙区制限連記制」で行われた第22回総選挙に関する議論がとても面白かったです。

私のほうは、科研の中で北海道大学の満薗勇さんとご一緒になることが多く、そのテーマに合わせる感じで商店街や中小企業を中心にした「中小企業の利益」に注目した論文を書いています。国会会議録のテキスト分析で、1970年代半ばころ(具体的には大店法が制定されたころ)までは、「中小企業の利益」が大規模商店からの保護の文脈で議論されていたのに対して、特に1980年代くらいからはベンチャーや企業育成の議論が活発になっていったことに注目し、職業的な利益として論じられてきた商店街や中小企業の利益が、地域の「地元利益」として国会で取り扱われるようになった*1ことが、自民党包括政党化(の完成)と結びついているのではないかというように議論しています。やや大風呂敷な感じで、提示できている証拠のほうがまだまだ不十分であろうとは思うのですが、いろんな利益を地元利益に読み替えることが自民党長期政権と結びつくという議論自体は面白いのではないか、と気に入っているところではあります。この議論自体は、三宅一郎先生の名著である「政党支持の分析」にとても啓発されたものでした。

自分自身のこの科研の成果としては、本書と以前の『社会のなかのコモンズ』に寄稿した論文がメインのものになります。いずれも1970年代前半に重要な転換点があるのではないか(転換したかどうかとは別に)、という議論になっています。もちろん1990年代後半にも大きな転換点があると考えられるので、本書自体の感じで言えば、2回くらいの時期区分を見ているのかな、という感じがしています。

*1:議論の場も商工委員会から建設委員会へと変わっていきます。

韓国型福祉レジームの形成過程分析

明治学院大学のベ・ジュンソブ先生から、『韓国型福祉レジームの形成過程分析』をいただきました。どうもありがとうございます。ベさんは、もともと神戸大学法学研究科の大学院生で、その後しばらく助手を務めていただいておりました。本書は、博士課程の学位論文として提出されたもので、それを大幅に修正して出版したものになっています。私自身も審査の末席に参加したものであり、今回無事に出版されたことを非常にうれしく感じています。

本書は、「後発福祉国家」である韓国の社会政策についての歴史的な分析を行うものです。後発福祉国家というのは、まあそのままですが、ヨーロッパなどから遅れて、戦後しばらくたってから発展を始めた福祉国家ですが、このような国では、制度が導入されて受益者が増える拡大傾向にあるうちに、高齢化などの制度の見直しを求める圧力が強まって福祉国家再編が生じる、という特徴を持ちます。ヨーロッパや日本などは、人口ボーナス期に福祉国家の諸制度を拡大することができたのに対して、後発福祉国家ではそのボーナスを活かすことができる期間が短く、十分に拡大しないうちに福祉国家の先発組が抱える問題に直面する、ということになります。

そんな特徴を持つ韓国の福祉政治がどのように展開し、どのような特徴を持っているかを明らかにしようとするのが本書です。「古い社会的リスク」である年金・医療と、「新しい社会的リスク」に対応しようとする介護・子育て支援という4つの分野について歴史をさかのぼって検討し、前者は権威主義時代の制度遺産の影響を大きく受け、後者は民主化後の政治過程によって左右されやすいことを論じていきます。年金・医療がいわゆる低負担・高福祉から始まってそれをいかに縮減するかという似たような政治過程をたどっていくのに対して、介護・子育て支援のほうは状況に合わせて全く違う展開を取っていくのは非常に興味深い議論です。

「後発福祉国家」ではあるわけですが、抱えている課題は基本的に同じで、対応は他の国より先駆的、場合によっては極端ということもあります。特に、「新しい社会的リスク」に関する子育て支援について、政治過程のなりゆきで専業主婦も含めて0-2歳児に無償の保育を提供することになるというのは非常に興味深いものです。日本より少子化が進んでいて、だからこそできる部分もあると思いますが、保育所の定員に満たない、というようなところも増えていて、韓国とおなじようにサービス対象を大きくする可能性もあります。また、介護サービスについても市場化の行き過ぎという感じの政策が導入されていたこともあるようです。日本では、関係者の反対を乗り越えるのが難しくて、ドラスティックな改革の実現はなかなか起きませんが、本書を読む限り韓国では上記の子育て支援や介護などについて割と思い切った決定をしていて、日本にとっても学びを得るべき先行事例になるように思います。

仕事納め

カナダに在外研究に行った2016年までは、毎年、年末の最後に「今年の〇冊」として主に博士論文をもとにした書籍の紹介をしてたけど、そのあとは「年の瀬」というタイトルで適当なことを書いていた、つもりだった。というわけで、今年も書こうかなあと思って去年のタイトルを見たら「仕事納め」で、実は2つのタイトルが行ったり来たりしていた、というとてもどうでもいいことに気が付いてしまった…。

まあそれは良いのですが、今年もだいたい仕事納めになりました。最後のほうは後述する翻訳仕事でいろいろなことを放り出してしまったので、まだやるべきこともちょっと残ってますが。今年は全体的にこれまでと違うことができたり、あまりなかったことが起きたりと、ちょっとした転換があったような気がします。

これまでと違うこと、というのは何よりも5月頃からテニスを再開したことで、途中肉離れしたりしたこともありましたが、少しずつ勘が戻ってきて、何よりの気分転換、というか、これがなかったらいろいろ続かなかったのではないか、という気がします。あとは、ようやく英語論文を書けるようになってきた、ということで、昔から読んできた雑誌のひとつであるAsian Surveyで出版してもらうことができました。さらに、12月にはAsian Association for Public Administrationという行政学の学会で論文を発表して、Best Paper Awardをいただくこともできました。こちらのほうはこれから投稿ですが、せっかくなのでうまくいって欲しいと祈るばかりです。他方で、これまであまりなかったこととしては、大学院の指導教員であった山本泰先生を含め、身近な、お世話になってきた方々が何人か亡くなることがあり、ショックを受けるとともに、年齢についても意識するようになった気がします。

仕事としては、朝日新聞の論壇委員や東洋経済の書評など、とにかくインプットしてそれを整理してアウトプットする、という何というか、「鵜飼いの鵜」(すみません)のような感じでの仕事が続き、常に追い立てられていたところがあるので、やや雑になった面があることを反省しています。書いたもの、発表したものとしては、前述の英語論文2つのほか、初めて「編者」という仕事をした、『世の中を知る、考える、変えていく』があり、その他は、『都市計画』『中央公論』などに短めのエッセイを載せてもらった、という感じでしょうか。

去年と比べると仕事量も生産性も落ちたように思いますが、それでも常に追い立てられている忙しい感じがしていたのは、論壇委員や書評の仕事のほかに、2つほどかなり時間がとられる仕事があったからのように思います。1つは、イギリスの研究者との共同研究で、昨年の夏から始めている毎月のオンライン・サーベイの仕事です。共同研究は本当に勉強になっていて、サーベイも興味深いデータを収集できているようには思いますが、準備や打ち合わせはなかなか大変で、特にこれからは集めたデータを分析して論文を書く内容が増えてきます。そのためのワークショップを1月に行う予定ですが、そういったものの調整にもどうしても時間や気力を使うことも大きかった気がします。そしてもうひとつは、柄にもなく、僕でいいのかという気はしますが、翻訳の仕事をしてました。一応「監訳」ということなんですが、それがどれだけ「監」なのかわからないままに秋以降のかなりの時間を使うことになりました。一応「仕事納め」の前に一通り作ることができました(なのでこれ書いてます)が、少なくとも内容については素晴らしい本なので、このまま無事に出版できればと思っています。

この数年は、年末に印象に残った本を一冊挙げてますが、今年はあんまり何も考えずに選ぶとその翻訳している本になりそうなんですが、それ以外だと、(2022年に出版された本ですが)『モチベーションの心理学』が勉強になりました。もともと、大学院生の論文指導のために勉強しようと思って買ったんですが、自分自身にもとても勉強になるもので、AAPAの論文を書く時にも改めて本書から勉強させてもらいました。日本では、経営学とかでモチベーションについて踏み込んだ研究は行われているようですが、行政学のほうではPublic Service Motivationへの関心が高まりつつあるくらいで、より踏み込んだモチベーションの研究はこれからのように思います。そんな、行政や政府で働く人のモチベーションを考えるときにも、とても有用な本だと思いました。

いただきもの

気がついたらもう12月も半ばを過ぎ…と、最近はすぐに時間が経って驚きます。単なる老化っていうことなのかもしれませんが。この間もいくつか書籍をいただいておりました。まず、東京大学の鄭黄燕先生から、『都市化の中国政治』をいただきました。どうもありがとうございます。博士論文をもとにした書籍で、都市と農村に分断されていた中国社会が、発展とともにその境界線があいまいになり、土地利用を軸に変化していく様子を描いた研究です。都市が拡大していくにつれて、事業や住宅のための用地として土地が必要になり、もともと農村とされていた地域の土地を利用することになるわけですが、周辺化されてきた農村から見ると、開発利益を得る機会でもあります。その開発利益をめぐって、都市-農村間、そして農村内での対立が生まれます。そこで描き出されるのは、農村の都市化が進む中で、都市・農村の様々なアクターが対立と協調を繰り広げることです。とりわけ注目されているのが、都市と農村との関係によって、廃止されることも維持されることもあるものの、維持された場合には農民の住民組織であるとともに、都市の代理人的な役割を果たすという複雑な村民委員会です。曖昧な村民委員会をはじめとして、必ずしも統一的なルールによらずにアドホックに問題を解決しようとすることが、都市と農村の間の中間地帯を作り出しているという議論は、本来あいまいで混沌としたものである「都市化」それ自体を思い出させる、興味深いものだと感じます。

亜細亜大学の川中豪先生からは、『第三の波』の新訳をいただきました。どうもありがとうございます。翻訳にあたっては、旧訳があるものの、引っ張られないように封印して進められていた、ということをお聞きしました。僕も最近ちょっとだけ翻訳関係の仕事をしているのですが、すぐに何か日本語に頼りたくなってしまうばかりなので、見習わなくては…。だいぶ前にちょっと読んだことがあるはずなのですが、細かいところはすっかり忘れているので、また読み返して勉強させていただきたいと思います。

関西大学の坂本治也先生から、『日本の寄付を科学する』をいただきました。ありがとうございます。寄付に関連するさまさまな研究をされている方々を集めて編集された論文集ですが、寄付をこのように包括的に検討したものは、これまでにほとんどなかったのではないかと思います(少なくとも日本では)。自分自身も、カナダの在外研究から帰ってから結構寄付を行うようになっていると思うのですが、「スポーツイベントで寄付は促進されるのか」を分析した本書の11章を拝読していて、よく考えるとそのきっかけは、バンクーバーのChildren’s hospitalのチャリティーランに出ていたことがあるかもしれない、と思ったりしました。他の章も面白く読みましたが、たまに行政学の授業で紹介したりもするので、ファンドレイジング活動の分析とか増えていくと良いなあと思うところです。

國學院大學の羅芝賢先生と東京大学前田健太郎先生から、『権力を読み解く政治学』をいただきました。ありがとうございます。これは教科書なのですが、読み物としても非常に面白くて、結構一気に読んでしまえます。構成・内容ともに、最近の政治学の教科書の中でも特徴的と言える非常に興味深いもので、特に前半で羅さんが書いている国家論的なところ読み応えがありました。本書にも書かれてますが、マルクスの話を最近の教科書でがっつり触れているのは珍しいと思いますし、マルクスの説明をしつつ、ウェーバーの議論が単純な発展段階論ではない、というのはちょうど直前に読んでいた佐藤俊樹先生の『社会学の新地平』を思い起こさせるものがありました。前田さんが書いている後半は、割とスタンダードなトピックが並んでいると思いますが、多元主義(というか政党政治?)に対する微妙な距離感が面白いと思いました。自分たちが書いている教科書(政治学の第一歩)では、多元的であることを非常に重視しているところがありますが、それが重要であるとしつつもすべてではないというニュアンスで丁寧に書かれていたように思います。

またありがたいことに、終章では、我々の教科書について特に取り上げていただいています。個人的に嬉しかったのは、自分たちではたぶん常に「自由主義者」であることを考えて教科書を書いていたつもりなのですが、しばしば「合理主義者」とか「利己主義者」というところが強調されがちなところ、評価として「自由主義的」であることが特徴としていただいた点ですね。内容的にも、私たちの教科書で十分に触れられていなかったところがむしろメインになっていて、もちろん理解の仕方に違うところはあるわけですが、相補的なものとして読んでもらえると嬉しいです。